次の記事は、自動翻訳技術を使用して自動的に翻訳されました。 コンピュータプログラムによって翻訳されているため、誤りがある場合があります。Adobeは、世界中の多くのユーザーがより多くの記事を利用できるように、翻訳版を提供しています。
翻訳の品質を評価してください。Translation by SYSTRAN


環境設定

サポートされているすべての環境設定の一覧については、 Apache Cordova config.xmlの環境設定に関するドキュメントを参照してください

PhoneGapは、<preference>タグを使用し てアプリケーション の設定をカスタマイズします。 config.xml内の <preference> タグはすべて、プラットフォーム固有の設定ファイルにコピーされます。つまり、Cordovaフレームワークまたは使用するプラグインでサポートされるすべての設定がPhoneGap buildで動作します。

: cordovaドキュメントページを表示する際は、Cordovaのバージョンを選択してください。

また、PhoneGap buildは、PhoneGapのバージョン、プラットフォームSDKのバージョンのターゲット設定などの選択に使用される、独自のカスタム環境設定の一部をサポートしています。 以下に、これらのカスタム環境設定を示します。

カスタム環境設定の正確な動作を詳しく見るには、ほとんどのカスタム環境設定がオープンソースの紙吹雪ライブラリを使 用して翻訳されています。 詳しくは、templatesディレクトリを参照してください。

マルチプラットフォーム

iOSのみ

Androidのみ

: Phonegap buildでは、 AndroidLaunchMode環境設定は 、現在サポートされていません。 この問題を回避するには、config-fileエレメントを使用して、config.xmlの値を直接設定します。

<config-file platform="android" parent="/manifest/application" mode="merge">
    <activity android:launchMode="singleTop" />
</config-file>

Windowsのみ(cli-6.1.1以降)

マルチプラットフォーム

**phonegap-version**: PhoneGap buildのみ — 使用するPhoneGap / Cordovaのバージョン。 現在サポートされているPhoneGapのバージョンの一覧と、個々のプラットフォームのバージョンの詳細については、こち らを参照してください。

**方向**: デバイスの向き 有効な値は、 default、landscape、またはportraitです。 デフォルトは 横置き と縦置きの 両方が有効で あることを意味します。 各プラットフォームのデフォルト設定(通常は縦長のみ)を使用する場合は、config.xmlファイルからこのタグを削除します。

**フルスクリーン**: アプリをフルスクリーンにし、 trueまたはfalseを設定します。 これにより、上部のステータスバーが非表示になり、デフォルトではfalseになります。 注意: 新しいバージョンのiOSではサポートされていない場合がありますが、ユーザーはphonegap buildで config-fileエレメントを使用し、UIViewControllerBasedStatusBarAppearanceをfalseに設定し、UIStatusBarHiddenをtrueに設定できます。

**署名キー**: 構築時に使用する署名キーを指定します。 これは、キーのIDまたは title です 。 タイトルが指定されている場合は、そのタイトルを持つ最後にアップロードされたキーが使用されます。 プラット フォームは 、この環境設定をplatformタグ内に配置するか、platform属性を追加するかのどちらかを指定する必要があります。

**pgb-builder-version**: PhoneGap build上のcli-7.0.1のリリースでは、ビルドサーバーのリファクタリングを行い、アプリの動作を変更する可能性があります。 デフォルトでは、この新しいビルダーはcli-7.0.1以降で使用され、古いバージョンでは古いビルダーが使用されます。 ただし、使用するビルダーを明示的に指定できます(古いビルダーの場合は「1」、新しいビルダーの場合は「2」)。 詳しくは、このブログの記事を参照してください。

iOSのみ

**target-device**: 特定のデバイスをターゲットにする場合 指定できる値 は、ハンドセット、タブレット、または汎用。 現時点では、これはiOSビルドにのみ適用されます。 デフォルトでは、すべてのビルドがユニバーサルです。

**prerendered-icon**: これにより、iOSはユーザーのホーム画面上のアプリのアイコンに光沢を適用しません。 有効な値は trueまたはfalse、デフォルトはfalseです。

**detect-data-types**: 特定のデータ型(電話番号や日付など)をシステムによって自動的にリンクに変換するかどうかを制御します。 デフォルトは「true」です(システムWebビューと同様)。 この設定を行うには、meta-tagsを使用してみてください。
```xml
<meta name="format-detection" content="telephone=no">
<meta name="format-detection" content="email=no">
```

また、metaタグが適切に機能しない場合は、detect-data-typesを使用します。

**中断時に終了**: trueに設定した場合、Homeボタンが押されたときなど、アプリケーションは中断時に終了します。 デフォルト はfalse

**deployment-target**: これにより、ビ ルド内の IPHONEOS_DEPLOYMENT_TARGETが設定され 、「ipaプロパティ」リストの MinimumOSVersionに変換されます。

**swift-version**: これにより、ビ ルドのSWIFT_VERSION が設定されます。 有効な値は2.3または3.0です。デフォルトは3.0

Androidのみ

**android-versionCode**: 内部Androidバージョンコード。 アプリケーシ ョンのバージョン ・コードを設定します。 この番号は、あるバージョンが別のバージョンよりも新しいかどうかを判断するためにのみ使用され、大きい番号は新しいバージョンを示します。 デフォルトは、MAJOR \* 10000 + MINOR \* 100 + PATCHとしてバージョンから生成され、バージョンを解析できない場合は1です。

**android-build-tool**: 使用するAndroidビルドツールを指定します。 値は、`gradle`または`ant`です。 android >= 5の場合は「gradle`」、android < 5の場合は「ant`」がデフォルトです。

**android-minSdkVersion**: Android SDKの最小バージョン。 AndroidManifest.xmlファイルの usesSdk 属性に対応します。詳しくは、Androidのドキュメント(http://developer.android.com/guide/topics/manifest/uses-sdk-element.html)を参照してください。 デフォルトは14(Android >= 4.0)です。

**android-maxSdkVersion**: Android SDKの最大バージョン。 AndroidManifest.xmlファイルのusesSdk 属性に対応します。詳しくは Androidのドキュメントを参照してください 。 デフォルトでは設定解除されます。

**android-targetSdkVersion**: アプリケーショ ンのターゲットとなるAPIレベルを示す整数( AndroidManifest.xmlファイル内のusesSdk 属性に対応します)。 設定しない場合、デフォルト値はminSdkVersionに指定された値と等しくなります。 詳しくは、Androidのドキュメ ントを参照してください。 デフォルトでは設定解除されます。

**android-installLocation**: アプリケーションのインストール先。デフォル トは internalOnly(Android SDKとして)です。auto または preferExternalを使用すると 、SDカードにアプリケーションをインストールできます。これにより、予期しない動作が発生する場合があります。 詳しくは、Androidのドキュメ ントを参照してください。

**android-windowSoftInputMode**: アクティビティのメインウィンドウが、画面上のソフトキーボードを含むウィンドウとどのように作用するか。 詳細と設定可能な値は、Androidのドキュメ ントに記載されています

Windowsのみ

**windows-arch**: ビルドターゲットとするアーキテクチャを選択します。 有効な値は、`anycpu`、`arm`、`x86`、および`x64`です。 cordova-windows 4.x(cli-6.1.0)以降でのみサポートされます。

**windows-identity-name**: App storeに公開するために必要な、App ManifestでApp id名を設定します。 この環境設定は、*Windowsデベロッパーセンターアカウント/アプリ管理/アプリケーションID*の「アプリケーションID名」と一致する必要があります。 cordova-windows 4.x(cli-6.1.0)以降でのみサポートされます。

**windows-appx-target**: ターゲットにするWindowsプラットフォームを選択します。 サポートされる値は、「uap」(Windows 10 Mobile/Universal)、「8.1-phone」、「8.1-win」です。 cordova-windows 4.x(cli-6.1.0)以降でのみサポートされます。

Config.xmlの例

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<widget xmlns   = "http://www.w3.org/ns/widgets"
    xmlns:gap   = "http://phonegap.com/ns/1.0"
    id          = "com.phonegap.example"
    versionCode = "10"
    version     = "1.0.0" >

  <name>PhoneGap Example</name>
  <description>
      An example for phonegap build docs.
  </description>
  <author href="https://build.phonegap.com" email="support@phonegap.com">
      wildabeast
  </author>

  <!-- all platforms -->
  <preference name="phonegap-version" value="cli-6.0.0" />
  <preference name="orientation" value="landscape" />
  <preference name="fullscreen" value="true" />

  <!-- iOS only -->
  <preference name="target-device" value="universal" />
  <preference name="prerendered-icon" value="true" />
  <preference name="detect-data-types" value="true" />
  <preference name="exit-on-suspend" value="true" />
  <preference name="deployment-target" value="7.0" />

  <!-- Android only -->
  <preference name="android-build-tool" value="ant|gradle" />
  <preference name="android-minSdkVersion" value="10" />
  <preference name="android-maxSdkVersion" value="15" />
  <preference name="android-targetSdkVersion" value="12" />
  <preference name="android-installLocation" value="auto" />
  <preference name="android-windowSoftInputMode" value="stateVisible|adjustResize" />
</widget>

プラットフォームの選択

デフォルトでは、環境設定はすべてのプラットフォームに対して行われます。 単一のプラットフォームに対して設定する環境設定を指定するには、任意の環境設定をplatformタグ内に配置します。

<platform name="ios" >
  <preference name="orientation" value="landscape" />
</platform>

<platform name="android" >
  <preference name="orientation" value="portrait" />
</platform>

このフラグメントにより、iOSアプリは横長モードで使用でき、Androidアプリは縦長モードで使用できます。

GitHubでこのページを編集
Copyright SYSTRAN 2016
この翻訳は役に立ちましたか?

Translation by SYSTRAN