次の記事は、自動翻訳技術を使用して自動的に翻訳されました。 コンピュータプログラムによって翻訳されているため、誤りがある場合があります。Adobeは、世界中の多くのユーザーがより多くの記事を利用できるように、翻訳版を提供しています。
翻訳の品質を評価してください。Translation by SYSTRAN


プラグイン

PhoneGapネイティブアプリコンテナで公開されるネイティブ機能を拡張するために、PhoneGap buildは、ほとんどのPhoneGapまたはCordovaプラグインをサポートしています。

プラグインは、レポジ トリnpm 、または公開のgitリポジトリから作成できます。

プラグインはプラットフォームごとに異なる方法で実装する必要があり、すべてのPhoneGapプラットフォームでサポートされるとは限りません。 複数のプラットフォームにデプロイする場合は、プラグインを使用できないユーザーにとって、操作性が安全に低下するようにしてください。

コミュニティで使用するプラグインを開発してパブリッシュする場合は、Apache Cordovaの「プラグ イン開発ガイド」を参照してください。 npmにプラグインを送信するに 、各社のマニュアルを参照し てください

プロジェクトにプラグインを含める

プロジェクトにプラグインを含めるには、次の2つの手順があります。

  1. config.xmlを使用したネイティブコードの読み込み
  2. プラグインのJavaScriptコードの参照

ネイティブコードの読み込み

ネイティブコードをPhoneGap buildプロジェクトに読み込むには、正しい <plugin> (非推奨の <gap:plugin> )タグをconfig.xmlファイルに追加する必要があります。

npmまたはPhoneGap buildプラグインの spec (または version)タグを省略した場合、常に最新バージョンのプラグインを使用してアプリが構築されます。 プラグインの更新後に次回アプリケーションコードを更新すると、自動的に更新されます。これにより、予期しない動作が発生する可能性があります。 プラグインのバージョン管理について詳しくは、ここをク リックしてください。

<plugin>

  • 名前: プラグインは、通常は逆ドメイン形式のプラグインIDで参照する必要があります(例: com.phonegap.plugins.barcodescanner)。 プラグインがgitに対応している場合は、オプションです。
  • 仕様: オプションですが、上記のように、プラグインのバージョンをロックすることを強くお勧めします。 gitに対応したプラグインの場合は、gitリポジトリを指定します。 属性に完全なURLが含まれる場合は、gitプラグインと見なされます。
  • ソース: オプション。「pgb」、「npm」、「git」のいずれかです。 デフォルトは"npm"(git URLが検出された場合は"git")です。
  • params: プラグインには、構成プロパティのパラメーターが必要な場合があります。 ここで詳しい説明をします。

<gap:plugin>

  • 名前: プラグインは、通常は逆ドメイン形式のプラグインIDで参照する必要があります(例: com.phonegap.plugins.barcodescanner)。
  • バージョン: オプションですが、上記のように、プラグインのバージョンをロックすることを強くお勧めします。 gitに対応したプラグインの場合は、gitリポジトリを指定します。 属性に完全なURLが含まれる場合は、gitプラグインと見なされます。
  • ソース: オプション。 pgbnpmgitのいずれかです。 デフォル トはpgb ( git URLが検出された場合は git)です。
  • params: プラグインには、構成プロパティのパラメーターが必要な場合があります。 ここで詳しい説明をします。

プラグインソース

プラグインは、ここにあるリポジトリ、 npm、または公開の gitリポジトリ のどちらからでも含めることができます。

sourceが存在しない場合、この属性のデフォルト値は npm ( npm )またはgit(git)です。これは、gitがバックアップしたリポジトリ形式を自動検出できるかどうかに応じて異なります。 例えば、すべての下のプラグイン行は、 npmリポジトリ内の同じプラグインを参照します

<plugin name="com.phonegap.plugins.example" spec="~1" />
<plugin name="com.phonegap.plugins.example" spec="~1" source="npm" />

spec属性が gitの場所である場合 、ソースはデフォルトで「git」に設定されます。 次の行は同じプラグインを参照します。

<plugin spec="https://github.com/apache/cordova-plugin-file.git#4.1.0" />
<plugin spec="https://github.com/apache/cordova-plugin-file.git#4.1.0" source="git" />

PhoneGap buildリポジトリからプラグインを含めるに source属性に pgbを指定します。

<plugin name="example-plugin" source="pgb" spec="~1"  />

paramフラグメントは、プラグインのソースに関係なく、同じように処理されます。

プラグインのバージョン/場所

バージョン化されたプラグインを使用する最も単純な方法を次に示します。 バー ジョンを指定する には、spec属性を使用することをお勧めします。 specは 、Cordova CLIと互換性があるように使用されます。Cordova CLIでは、 spec属性を使用して 、プラグインのバージョンまたは場所を記述します。

<plugin name="cordova-plugin-example" spec="2.2.1" />

PhoneGap buildは、あいまいなバージョンもサ ポートしています。

tilde ~演算子を使用してあいまいなバージョンを指定すると 、同じメジャーバージョンのプラグインの最新バージョンが確実に使用されます。

例えば、上のタグを次のタグに置き換えることができます。

<plugin name="cordova-plugin-example" spec="~2" />

最新の2.xバージョンを読み込みますが、メジャー/初期バージョン番号が異なるバージョンは読み込みません。

次のversionタグ:

<plugin name="com.phonegap.plugins.example" spec="~2.2" />

では、xが2以上の場合、最新の2.xバージョンがロードされます。

最後に、次のversionタグを使用します。

<plugin name="com.phonegap.plugins.example" spec="~2.2.3" />

では、xが3以上の場合、最新の2.2.xバージョンがロードされます。

プラグインパラメーター

プラグインには、構成情報が必要な場合があります。 これは 子どもたち タグ:

<plugin name="com.phonegap.plugins.example">
  <param name="APIKey" value="12345678" />
  <param name="APISecret" value="12345678" />
</plugin>

必ずプラグインのマニュアルを参照して、パラメーターが必要かどうかを確認してください。

使用例

次に、npmからのBarcode Scannerプラグインを例として含むconfig.xmlを示します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<widget xmlns   = "http://www.w3.org/ns/widgets"
  id          = "com.phonegap.example"
  versionCode = "10"
  version     = "1.0.0" >

  <!-- versionCode is optional and Android only -->

  <name>PhoneGap Example</name>

  <description>
    An example for phonegap build docs.
  </description>

  <author href="https://build.phonegap.com" email="support@phonegap.com">
    Hardeep Shoker
  </author>

  <!-- We'll include the Barcode plugin as an example -->
  <plugin name="phonegap-plugin-barcodescanner" />
</widget>

JavaScriptコードの参照

プラグインが js-module要素を使用して 、cordovaにプラグインjavascriptを直接読み込む場合、プラグインを読み込むのに <script> 参照は必要ありません。 コアCordovaプラグインの場合はこのようになりますが、サードパーティのプラグインは実装に依存します。 JavaScriptを手動で含める必要があるかどうかは、プラグインのマニュアルを参照してください。

プラグインjavascriptを手動で含める必要がある場合、次のようになります。

<script src="cordova.js"></script>
<script src="barcodescanner.js"></script>

scriptタグが必要かどうかに関わらず、PhoneGap Build に送信するzipまたはリポジトリに実際のプラグインファイルを含めないでください。 これらのファイルはPhoneGap buildによって挿入され、それらを含めると問題が発生する可能性があります。

GitHubでこのページを編集
Copyright SYSTRAN 2016
この翻訳は役に立ちましたか?

Translation by SYSTRAN