次の記事は、自動翻訳技術を使用して自動的に翻訳されました。 コンピュータプログラムによって翻訳されているため、誤りがある場合があります。Adobeは、世界中の多くのユーザーがより多くの記事を利用できるように、翻訳版を提供しています。
翻訳の品質を評価してください。Translation by SYSTRAN


アイコンとスプラッシュ

cli-7.0.1と新しいビルダー(詳細)では、PhoneGap buildはCordovaにアイコンとスプラッシュ設定を読み、必要な場所に置きます。 そのため、最新の手順については、Cordova Icon and Splashscreen Plugin docsを参照することをお勧めします。 それ以外の場合は、cli-6.5.0(および古いビルダ)をまだ使用している場合は、以下を参照してください。

プラットフォームの指定

通常、アイコンとスプラッシュはプラットフォームに固有です。 特定のプラットフォーム用のアイコンまたはスプラッシュを指定する方法は2つあります。 1つ目の方法は、 platform属性を指定 する方法です。

<icon src="icon-60@3x.png" platform="ios" width="180" height="180" />

2つ目の方法(推奨)は、アイコンまたはスプラッシュをplatformタグ内に配置する方法です。

<platform name="ios">
  <icon src="icon-60@3x.png" width="180" height="180" />
</platform>

これらのフラグメントはどちらも、iOSでアイコンが使用されるようになります。

アイコン

最も単純なアイコンの設定は、次の1つのデフォル トicon.pngです

  <icon src="icon.png" />

デフォルトのアイコンは icon.pngという名前で、アプリケーション ・フォルダーのルートに置く必要があります。 他のアイコン設定が指定されていない場合、各プラットフォームはこのファイルをデフォルトのアイコンとして使用しようとします。 プラットフォーム固有のアイコンを定義するには、以下に示すガイドを使用してください。 アイコンファイルは、次の例で指定したファイル形式にする必要があります。他のファイル形式は、プラットフォーム間で動作するとは限りません。

  <icon src="res/icon/ios/icon-60@3x.png" platform="ios" width="180" height="180" />
  • src: (必須)config.xmlを基準としたイメージファイルの場所を指定します。
  • : (オプション)ピクセル単位の幅を含めることを推奨
  • 高さ: (オプション)高さ(ピクセル単位)を含めることを推奨
  • platform: (オプション)ターゲットプラットフォーム(ios android windows)

iOS

デルは、クラシック、Retina、iPhone 5、iPadディスプレイをサポートしています。

以下の名前は、アプリケーションに追加された際の、追加先のファイルの名前を反映しています。 アプリの送信中に、これらのファイル名への参照が含まれるフィードバックが表示される場合があります。

iOS 7.0以降

<!-- iPhone 6 / 6+ -->
<icon src="icon-60@3x.png" platform="ios" width="180" height="180" />

<!-- iPhone / iPod Touch  -->
<icon src="icon-60.png" platform="ios" width="60" height="60" />
<icon src="icon-60@2x.png" platform="ios" width="120" height="120" />

<!-- iPad -->
<icon src="icon-76.png" platform="ios" width="76" height="76" />
<icon src="icon-76@2x.png" platform="ios" width="152" height="152" />
<icon src="icon-83.5@2x.png" platform="ios" width="167" height="167" />

<!-- Settings Icon -->
<icon src="icon-small.png" platform="ios" width="29" height="29" />
<icon src="icon-small@2x.png" platform="ios" width="58" height="58" />
<icon src="icon-small@3x.png" platform="ios" width="87" height="87" />

<!-- Spotlight Icon -->
<icon src="icon-40.png" platform="ios" width="40" height="40" />
<icon src="icon-40@2x.png" platform="ios" width="80" height="80" />
<icon src="icon-40@3x.png" platform="ios" width="120" height="120" />

iOS 6.1

<!-- iPhone / iPod Touch -->
<icon src="icon.png" platform="ios" width="57" height="57" />
<icon src="icon@2x.png" platform="ios" width="114" height="114" />

<!-- iPad -->
<icon src="icon-72.png" platform="ios" width="72" height="72" />
<icon src="icon-72@2x.png" platform="ios" width="144" height="144" />

<!-- iPhone Spotlight and Settings Icon -->
<icon src="icon-small.png" platform="ios" width="29" height="29" />
<icon src="icon-small@2x.png" platform="ios" width="58" height="58" />

<!-- iPad Spotlight and Settings Icon -->
<icon src="icon-50.png" platform="ios" width="50" height="50" />
<icon src="icon-50@2x.png" platform="ios" width="100" height="100" />

Android

Androidのすべてのリソース修飾子をサポートしています。 よく使用される修飾子は、デバイスの密度と言語を指します。

<icon src="ldpi.png" platform="android" qualifier="ldpi" />
<icon src="mdpi.png" platform="android" qualifier="mdpi" />
<icon src="hdpi.png" platform="android" qualifier="hdpi" />
<icon src="xhdpi.png" platform="android" qualifier="xhdpi" />
<icon src="xxhdpi.png" platform="android" qualifier="xxhdpi" />
<icon src="xxxhdpi.png" platform="android" qualifier="xxxhdpi" />
<icon src="fr-xxhdpi.png" platform="android" qualifier="fr-xxhdpi" />

この表2では、これらの修飾子の一覧を示し ます。 複合修飾子( "port-xhdpi")は、この表に示す順序と同じにする必要があります。

Windows Phone 8(cordova-wp8)

Windows phoneでは、通常のアイコンとタイル画像の2つのアイコンがサポートされています。

<icon src="icon.png" platform="winphone" />
<icon src="tileicon.png" platform="winphone" role="background" />

Windows Phone 8.1以降(cordova-windows)

PhoneGap Release cli-6.0.0では、Windows Phone 8.1パッケージはcordova-windowsを使用して構築されています。 次のアイコンがサポートされています。

<icon platform="winphone" width="44"  height="44"  src="res/Square44x44Logo.scale-100.png" />
<icon platform="winphone" width="106" height="106" src="res/Square44x44Logo.scale-240.png" />
<icon platform="winphone" width="150" height="150" src="res/Square150x150Logo.scale-100.png" />
<icon platform="winphone" width="360" height="360" src="res/Square150x150Logo.scale-240.png" />
<icon platform="winphone" width="71"  height="71"  src="res/Square71x71Logo.scale-100.png" />
<icon platform="winphone" width="170" height="170" src="res/Square71x71Logo.scale-240.png" />
<icon platform="winphone" width="310" height="150" src="res/Wide310x150Logo.scale-100.png" />
<icon platform="winphone" width="744" height="360" src="res/Wide310x150Logo.scale-240.png" />
<icon platform="winphone" width="70"  height="70"  src="res/Square70x70Logo.scale-100.png" />
<icon platform="winphone" width="30"  height="30"  src="res/Square30x30Logo.scale-100.png" />
<icon platform="winphone" width="310" height="310" src="res/Square310x310Logo.scale-100.png" />
<icon platform="winphone" width="50"  height="50"  src="res/StoreLogo.scale-100.png" />
<icon platform="winphone" width="120" height="120" src="res/StoreLogo.scale-240.png" />

スプラッシュスクリーン

これらのエレメントは、 config.xmlに0個以上含めることができます。 このエレメントには、 src、platform width heightの各属性を含めることができ、 heightの属性はon_icon>oveのように指定で きます。 アイコンファイルと同様に、スプラッシュスクリーンは pngファイルとして保存し ます。

<splash src="splash/ios/Default-568h@2x~iphone.png" platform="ios" width="320" height="480" />

使用状況と追加情報:

config.xmlで特に指定されていない限り、各プラットフォームはコンパイル時にデフォルトの splash.pngを使用し ます。 プラットフォーム固有のスプラッシュスクリーンを定義するには、以下に示すガイドを使用してください。

スプラッシュファイルは、次の例で指定するファイル形式にする必要があります。 その他のファイルタイプは、プラットフォーム間で動作するとは限りません。

警告:

platform属性を指定しない場合 、参照されるイメージがすべてのプラットフォームにコピーされ、アプリケーションパッケージのサイズが大きくなります。

デフォルト

デフォルトのスプラッシュは splash.pngという名前で 、アプリケーションフォルダーのルートに置く必要があります。

  <splash src="splash.png" />

過去のスプラッシュスクリーンは、 gap:splashエレメントと 、gap:platformで指定されたプラットフォームで指定され ていました。 この機能は引き続きサポートされますが、スプラッシュとプラッ トフォ ームに移 行することを推奨

iOS

デルは、クラシック、Retina、iPhone 5、iPadディスプレイをサポートしています。 次の例では、それぞれのスプラッシュスクリーンを定義します。 標準のiPadには、縦置きと横置きの2種類のスプラッシュスクリーンがあります。 Retina iPadには、Retina縦置きとRetina横置きの2つのスプラッシュスクリーンが追加されています。

以下の名前は、アプリケーションに追加された際の、追加先のファイルの名前を反映しています。 アプリの送信中に、これらのファイル名への参照が含まれるフィードバックが表示される場合があります。

<!-- iPhone and iPod touch -->
<splash src="Default.png" platform="ios" width="320" height="480" />
<splash src="Default@2x.png" platform="ios" width="640" height="960" />

<!-- iPhone 5 / iPod Touch (5th Generation) -->
<splash src="Default-568h@2x.png" platform="ios" width="640" height="1136" />

<!-- iPhone 6 -->
<splash src="Default-667h@2x.png" platform="ios" width="750" height="1334" />
<splash src="Default-Portrait-736h@3x.png" platform="ios" width="1242" height="2208" />
<splash src="Default-Landscape-736h@3x.png" platform="ios" width="2208" height="1242" />

<!-- iPad -->
<splash src="Default-Portrait.png" platform="ios" width="768" height="1024" />
<splash src="Default-Landscape.png" platform="ios" width="1024" height="768" />

<!-- Retina iPad -->
<splash src="Default-Portrait@2x.png" platform="ios" width="1536" height="2048" />
<splash src="Default-Landscape@2x.png" platform="ios" width="2048" height="1536" />

Android

Androidのすべてのリソース修飾子をサポートしています。 一般的に使用される修飾子は、デバイスの向き、言語、密度を指します。

<splash src="ldpi.png" platform="android" qualifier="ldpi" />
<splash src="mdpi.png" platform="android" qualifier="mdpi" />
<splash src="hdpi.png" platform="android" qualifier="hdpi" />
<splash src="xhdpi.png" platform="android" qualifier="xhdpi" />
<splash src="fr-xhdpi.png" platform="android" qualifier="fr-xhdpi" />
<splash src="portrait-xxhdpi.png" platform="android" qualifier="port-xxhdpi" />
<splash src="landscape-xxhdpi.png" platform="android" qualifier="land-xxhdpi" />
<splash src="xxxhdpi.png" platform="android" qualifier="xxxhdpi" />

この表2では、これらの修飾子の一覧を示し ます。 複合修飾子( "port-xhdpi")は、この表に示す順序と同じにする必要があります。

パッチ9の背景がサポートされています。 すべてのパッチ9ファイルには、「。9.png」という接尾辞を付ける必要があります。

Windows Phone 8(cordova-wp8)

Windows phoneは、1つのスプラッシュ画像をサポートし、以下のように定義できます。 他のサポートされているプラットフォームとは異なり、Windows phoneのスプラッシュ画面は jpg形式にする

<splash src="splash/winphone/splash.jpg" platform="winphone" />

Windows Phone 8.1(cordova-windows)

Windows Phone 8.1は、ここで定義した1つのpngスプラッシュをサポートします。

<splash platform="winphone" width="1152" height="1920" src="res/SplashScreenPhone.scale-240.png" />
<splash platform="winphone" width="620"  height="300"  src="res/SplashScreen.scale-100.png" />
GitHubでこのページを編集
Copyright SYSTRAN 2016
この翻訳は役に立ちましたか?

Translation by SYSTRAN