次の記事は、自動翻訳技術を使用して自動的に翻訳されました。 コンピュータプログラムによって翻訳されているため、誤りがある場合があります。Adobeは、世界中の多くのユーザーがより多くの記事を利用できるように、翻訳版を提供しています。
翻訳の品質を評価してください。Translation by SYSTRAN


目録の変更

PhoneGap buildのcli-7.0.1(および新しいビルダーを使用している場合)では、マニフェストの変更はCordovaによって「edit-config」エレメントで処理されます。 使用方法の詳細については、[cordova edit-config docs](https://cordova.apache.org/docs/en/latest/config_ref/index.html#edit-config)を参照してください。 cli-6.5.0以前(および/または古いビルダ)を使用している場合は、以下に示すように、config-fileエレメントを使用します。

PhoneGap buildは、優れたコードの作成に集中できるように、SDKの設定とネイティブアプリケーションのコンパイルに関する苦労を取り除くことを目的としています。 この一環として、プラットフォーム設定ファイル、すなわち Android Manifest (AndroidManifest.xml)と iOS Property List (Info.plist)の管理を難読化します。 これらのファイルは、アプリのconfig.xmlファイルで指定した環境設定に基づいて設定します。 ただし、これらのxmlファイルの仕様は常に変化しており、単純な環境設定を使用して、可能な設定をすべて公開することは不可能です。 このため、まだ説明していない場合は、 config-file (ベータ版)エレメントを使用して、AndroidマニフェストファイルとiOSプロパティリストファイルにxmlを直接寄稿できます。

config- file specは、PhoneGapのplugin.xml仕様の config-fileエレメントに基づいていますが、実装が若干異なります。

<config-file platform="ios" parent="SomeXMLElement" mode="replace">
  <SomeXMLElement someAttribute="text" >Go Skiing</SomeXMLElement>
</config-file>
  • platform: 現在サポートされ ている値は、 ios (Info.plist)および android(AndroidManifest.xml)です。
  • : iOSでは、これが変更したいPLISTキーになります。 androidでは、xmlが挿入されるxmlエレメントの親に対して解決されるxpathストリングになります。
  • モード: add、replace merge delete のいずれ か — 親要素を変更する方法。 add will append to the inner xml of parent, replace will optery overwrite the parent's inner xml with your declaration, merge will attements to find the elements of the same name and merge ther attributes, delete will se se se se the ele the ele ne name name and the ele matthe name and theem no the ne ne nom.

iOS

iOSの例として、アプリケーションの向きを制限する場合は、config.xmlのorientationの環境設定を使用できます。

  <preference name="orientation" value="portrait" />

は、iOSのプロパティリストで次のように変換されます。

<key>UISupportedInterfaceOrientations</key>
<array>
  <string>UIInterfaceOrientationPortrait</string>
  <string>UIInterfaceOrientationPortraitUpsideDown</string>
</array>

PortraitUpsideDownを許可しない場合は、 したがって、代わりに、このプロパティに独自のxmlを指定します。

<config-file platform="ios" parent="UISupportedInterfaceOrientations" mode="replace">
  <array>
    <string>UIInterfaceOrientationLandscapeOmg</string>
  </array>
</config-file>

結果のプロパティリストファイルをチェックしてデバッグするには、.ipaファイルの名前を.zipに変更し、解凍して、Info.plistファイルを調べます。

Android

**重要**: config-fileエレメントを使用してAndroidをターゲットにする場合は、config.xmlのwidgetエレメントでandroid xml名前空間を宣言する必要があります。宣言しないと、ドキュメントがxml検証に合格しません。
  <widget xmlns       = "http://www.w3.org/ns/widgets"
      xmlns:gap       = "http://phonegap.com/ns/1.0"
      xmlns:android   = "http://schemas.android.com/apk/res/android"
      id              = "com.lumberg.greeeaaat"
      version         = "1.0.0">

Androidの例では、Androidマニフェストのsupports-screensエレメントを使用して、アプリケーションでサポートされる画面サイズを変更するとします。 PhoneGap Build AndroidManifest.xmlのデフォルトは次のとおりです。

<supports-screens android:anyDensity="true" android:resizeable="true"
  android:smallScreens="true"
  android:normalScreens="true"
  android:largeScreens="true"
  android:xlargeScreens="true" />

normalScreensを除くすべての画面のサポートを無効にするには、falseに設定します。

<config-file platform="android" parent="/manifest" mode="merge">
  <supports-screens
    android:xlargeScreens="false"
    android:largeScreens="false"
    android:smallScreens="false" />
</config-file>

xmlはデフォルトのマニフェストxmlとマージされ、競合が発生した場合は、指定した値が優先されます。 結果のAndroidマニフェストをチェックしてデバッグするには、 Android apk-toolを使用して、コンパイル済みのAPKを解凍し 、AndroidManifest.xmlを調べます。

このベータ版機能の使用に関してご不明な点がある場合は、 ご遠慮なくお問い合わせください

GitHubでこのページを編集
Copyright SYSTRAN 2016
この翻訳は役に立ちましたか?

Translation by SYSTRAN